竹下歯科医院-健康の入り口

竹下歯科医院-健康の入り口

賢い選択

2019-09-26

賢い選択
賢い選択日経トレンディ2019年10月号は「飲むべき薬・見直すべき薬」を特集していました。
その特集の中で、医師も認める「無駄な医療」についての記事が載っていました。米国では医療界が率先してムダな医療を減らそうとする動きが起きているそうです。

それがチュージング・ワイズリー(Choosing Wisely・賢い選択)と呼ばれるキャンペーンです。2012年、医師らで構成する非営利組織、米国内科専門医認定機構財団(ABIM財団)が中心となり、当初は9つの医学会が不必要と思われる医療行為の‟5つのリスト“をそれぞれ作成してインターネットに公表しました。
ポイントは医療従事者自らがムダな医療行為を洗い出して発表したことです。「evidence-based medicine」(根拠に基づく医療)へと米国の医療現場の考え方そのものが劇的に変わりつつあったことも大きく影響しています。

チュージング・ワイズリーは全米に広がり、現在は100万人以上の臨床医が所属する80以上の医学会がキャンペーンに参加。それぞれが5つのリストを発表し、リストは550項目に上るそうです。医師だけでなく、看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師などの医療従事者全体へと広がりを見せています。提示するリストはあくまで「推奨」です。患者や医師に対して“賢明な選択”を促すのがそもそもの目的だそうです。米国の学会が掲げる無駄な医療行為にはこんなのがあります。



賢い選択 『絶対に受けたくない無駄な医療』(日経BP)の著者で医療経済ジヤーナリストの室井一辰氏は「正しい医療でコストをかけずに患者を健康にする病院の方が将来的に収益が向上するのは明らか。
勇気を持つて効率的な医療に転換した病院と、昔ながらの過剰医療を続ける病院とに今後は二極化していくだろう」と述べていました。

配信 Willmake143

日常生活を運動にしよう!

2019-09-24

日常生活を運動にしよう!
日常生活を運動にしよう!NHKテキスト「まる得マガジン」は、時代の半歩先を行くライフスタイルマガジンです。2019年9月〜10月のテキスト内容は「お手軽“生活トレ”で快適ボディー ジムに通わなくてもOK!日常生活を運動にしよう」でした。

講師を務めるのは、近畿大学生物理工学部の谷本道哉准教授です。谷本先生はテキストのはじめにこういっています。
「人生100年」といわれる時代を、健康で長生きするためには、一日の活勣量をできるだけ増やし、「立つ」「歩く」といった日常の基本動作を支える筋肉をしっかりと保つことが大切です。
そうなると、「やっぱリ運動しなければならないの?」と、気が重くなってしまう人も多いかもしれませんが、そんな方々に取り入れていただきたいのが“生活トレ”。生活の中で無理なく体を動かす方法です。

生活の中での歩行や階段上り下り、家事で体を動かすことなによって、運動を超えるエネルギーを使っていることもあるのです。
「生活活動」は一日の多くの時間を占めるので、活動量を増やすためには、この時間をよりアクティブに過ごすことが大切です。
生活活動や運動エネルギー消費量は、メッツ(METs)という指数を使うと簡単に計算できるので、ぜひ参考にしてみてください。


日常生活を運動にしよう!

配信 Willmake143

シニアの難聴は認知症リスク

2019-09-22

シニアの難聴は認知症リスク
シニアの難聴は認知症リスク耳の聞こえが悪いことは、認知機能の低下に影響するかもしれないという記事を2019年9月21日の朝日新聞が載せていました。


シニアの難聴は認知症リスク2017年、英医学誌ランセットに載った認知症とそのリスクについての論文によれば、認知症にかかわる要因のうち、避けうる最大のものが「難聴」だったということです。
耳の聞こえが悪くなることは認知能力の低下と関係が深いが、難聴の進行を食い止めることで、リスクを抑えることができるかもしれないことを示唆する論文だったそうです。耳の聞こえが悪いとなぜ、認知機能の低下を招くのか。大きく二つの仮説があります。


シニアの難聴は認知症リスク1つは、「カスケード仮説」。耳から入ってきた音は鼓膜から聴覚の神経を通じて、脳で処理されます。
耳から入る音の「入力」が減ると、聴覚の神経の活動が低下。それが脳の神経にも影響し、認知機能の低下につながるというものです。

もう一つは「認知負荷仮説」。耳から入ってきた音の処理と、認知的な作業の負荷のバランスが変化するというもの。
聴覚の負荷が大きくなると、その処理が重視されるため、認知的な作業に割く「資源」が少なくなってしまうという考え方です。

さらに、高齢者などでは耳あかのたまり過ぎによって、聞こえが悪くなっている人もいるそうです。
豊田浄水こころのクリニック(愛知県豊田市)の副院長で国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の耳鼻咽喉科非常勤医師の杉浦彩子さんは、同センターによる老化に関する長期縦断疫学研究の中で、80代では右耳で21%、左耳で13%の人が、鼓膜が見えなくなるほど耳あかがたまっていたといいます。
通常、耳の入り口にあたる[外耳道]には、耳あかを外に出す「自浄作用」が働くため、普通の大人に耳掃除は必要ないそうです。
ただ、加齢とともに動きが悪くなり自浄作用が低下すると、耳あかがたまりやすくなります。「適切な音を耳の中に届けることができる補聴器は重要なツールなのに、付けない人が多い。視力が落ちればメガネをかける。同じように補聴器を使っていただければ」と山形大の欠畑誠治教授(耳鼻咽喉・頭頸部外科学)は言っています。
ただ、補聴器を付けたり耳掃除をしたりするだけで、認知症が改善するわけではありません。
耳の聞こえがよくなることで、家族や友人知人との会話を楽しむようになるといったことが重要なようだと記事には書いてありました。

配信 Willmake143

長期停電の備え

2019-09-19

長期停電の備え
長期停電の備え台風15号による影響で、千葉県内の広い地域で停電が長期間続きました。電気が止まると、どんなことに困るのか、日頃からどんな備えをしておくべきなのかについて専門家に聞いた内容が2019年9月18日の朝日新聞に載っていました。


長期停電の備え停電に備えて、どういうものを用意しておけば良いのか。防災アドバイザーの高荷智也さんは「日常備蓄」の必要性を訴えています。
日常生活の中で使うものを少し多めに買っておき、使った分だけ買い足していくという方法です。今回の台風被害では、停電が長期間にわたっているので、まずは、「乾電池」。


長期停電の備えまた乾電池でつくLEDライトを人数分か部屋分用意しておくことと、情報を入手する手段として不可欠のスマートフォンの充電切れに備えて、乾電池タイプのモバイルバッテリーも準備しておくといいそうです。
また、「電気がとまると、何が使えなくなるか確認しておきましょう」といっています。オール電化住宅の場合、IH型のコンロや給湯器が使えなくなります。
ガスをひいている家庭でも給湯器が使えない場合があるといいます。「停電と断水はセットで起こる可能性が高いと認識しておきましょう」。最新型のトイレには、電気を使って水を流すタイプもあります。

カセットコンロの注意点を大手メ一力−の岩谷産業に聞いたところ、コンロの使用期限は10年が目安。
ガス漏れ防止のために使っているゴムパッキンが劣化するためです。カセットガス(ボンベ)は、保管状況によって異なりますが、サビていないことを確認し、製造日から約7年以内を目安に使い切ってほしいといっています。
エアコンが長期間使えない場合は「体温管理と水分補給の両方を気にかけてほしい」と、災害リスク評価研究所の松島康生代表は話しています。
本人が自分の変化に気付かない場合もあるので、家族や近所の人同士で声を掛け合い、様子を見ると良いといっています。

配信 Willmake143

たった5cmの歩幅革命

2019-09-07

たった5cmの歩幅革命
たった5cmの歩幅革命週刊ポストには「医心伝身」というコラム欄があります。2019年9月6日号の同コラムのタイトルは「歩幅の狭い人は要注意!認知症発症リスクとの関係」でした。
国内の認知症患者は予備軍といわれる軽度認知障害(MCI)を含めると約862万人だと推計されています。
認知症患者の約6割を占めるアルツハイマー型認知症は脳細胞が正常な状態から、20年以上かけて徐々に進行し、MCIを経て発症するといわれています。
MCIであれば発症を遅らせたり、正常な状態に戻ることがわかっているので、より早い段階で気づき、生活習慣を改善していくことが不可欠です。


たった5cmの歩幅革命認知症の診断には認知機能テストの他、CTやMRIの画像診断が用いられる場合がありますが、認知症の症状のないときに、これらの検査を実施することは難しいのが現実です。
そこで認知症になりやすい状態かどうか気づくサインとして注目されているのが歩幅だそうです。
『たった5センチ歩幅を広げるだけで「元気に長生き」できる!』の著者で、国立環境研究所の谷口優主任研究員は、こういっています。
「高齢者の身体機能を測る代表的な指標として握力、片足立ちバランス、歩く速さの3つがあります。特に歩く速さが高齢者の健康指標に大きく係わるという論文が世界で数多く発表されています。
歩く速さは歩調と歩幅の掛け算ですが、私は高齢者にとって、どちらが将来の健康状態に影響しているかに興味を持ち、調査を始めました。結果、認知機能低下に関して歩調よりも、歩幅の狭さが関係していることがわかったのです」。


たった5cmの歩幅革命調査は新潟県と群馬県の65歳以上の住民約1000人を対象に実施された調査で、最長4年間追跡できた666人について調べたところ、歩幅の狭い人は広い人に比べ、認知機能が低下するリスクが実に3・39倍になっていたそうです。
「歩幅は脳の神経メカニズムと深く係わっています。例えば、パーキンソン病患者は動作が緩慢になり、歩行が不安定になります。それは脳の黒質と呼ばれる場所に変化が起き、歩行にまで変化が表われるからです。
歩幅を一定に広く保つためには脳の様々な領域を駆使する必要があります。つまり、脳のある領域に何らかの変化が生じると歩幅を広く保つことが難しくなる。歩幅の変化は脳のわずかな病変をも如実に表わしているのです」と谷口優主任研究員は解説しています。
わずか数cmの歩幅の変化が、人生を大きく変える一歩となります。

配信 Willmake143

歯のケアで認知症予防

2019-08-24

歯のケアで認知症予防
歯のケアで認知症予防2019年6月1日に創刊した新雑誌「わたし時間」は、「歳を重ねても元気に自分らしく生きていきたい!健康寿命を延ばしたい!」と願う人に向けた、心身の健康をサポートする雑誌です。

家庭画報が提供しています。いつまでも元気に自分らしく生きていきたい!健康寿命を延ばしたい!と願いながら、そのために何をしたらいいのか情報が多すぎて迷ってしまうことも。
そこで健康に過ごすためのちょっとしたコツ、日々の暮らしの中でできることをわかりやすくお伝えしたい。そんな思いでこの雑誌を創刊したそうです。

同誌2019年9・10月号の特集は「歯のケアで認知症予防」です。特集記事の中で神奈川歯科大学大学院教授の山本龍生先生は、「近年、口のなかの健康状態が、認知症になるかどうかを左右するという研究結果が、国内外で発表されるようになりました」と述べています。
山本先生が行った追跡調査による研究では「歯が20本以上ある人が認知症になるリスクを1とすると、歯がほとんどなく、義歯(入れ歯)を使つていない人は、約2倍も認知症になりやすい」という結果が出ています。
「歯を失うことがなぜ認知症のリスク増大につながるのか」について特集記事にはこう書かれています。


歯のケアで認知症予防「ひとつは、堅いものを食べなくなり、栄養不良になることの影響が考えられます。歯を失って噛めない状態になると、生野菜などの堅いものを食べなくなります。
すると栄養学的に認知症予防に役立つといわれているビタミンCやビタミンEをはじめ、健康維持に必要なさまざまな栄養素が不足しやすくなります。

もうひとつは、柔らかいものばかりを食べ、噛む回数が減ることの影響です。
噛むことによって、歯の根の周りなどにある神経から、脳の記憶を司る細胞に刺激が伝わるしくみがあります。
歯を失うと、その刺激が減り、記憶力などの脳の機能が低下することが考えられます」。

山本先生は「重要なのは、『年をとつたら。歯がなくなるのはしかたがない』と思い込まないことです。
歯を失うのは老化現象ではありません。日頃の努力次第で、高齢になっても歯を残すことはできるのです。それが認知症のリスク低減にも役立ちます」とも述べています。まずは、歯と認知症の関係をよく知つたうえで、認知症を防ぐ歯のケアを始めましょう。

配信 Willmake143

老けないおやつランキング

2019-08-20

老けないおやつランキング
老けないおやつランキングサンデー毎日の2019年9月1日号には「食べて健康に!老けないおやつランキング」という記事が載っていました。「老けない」ためには、老けない栄養素を摂取する必要があります。


老けないおやつランキングでも、市販されているおやつの場合、調理の過程で老化防止に重要とされるビタミンやミネラルが失われやすいのも事実です。

そこで、熱に強くて加工しても栄養素が失われにくく、アンチェイジングに欠かせない「たんぱく質」と「食物繊維」が多く含まれるおやつを最新版の日本食品標準成分表をもとに考えてみたそうです。ランキングは
右記の通りです。


老けないおやつランキングたんぱく質は肌だけでなく、筋肉や血液、髪の毛、ホルモンなどのもとにもなります。
食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにして血糖値の上昇を抑え、不要な物質や有害な物質を吸着して体外に排出し、腸内環境をよくする働きを担ってくれます。食物繊維の摂取量が少ないと、腸内環境を良好に保てず、肌荒れにつながりやすいのだそうです。
おやつがほしい時は小腹が空いていることが多く、砂糖などの糖質(炭水化物)類を含むほど血糖値が急上昇します。
血糖値の急激な変化で血管に負担がかかれば、体の中身から老けてしまうのだそうです。「

たんぱく質がメインの肉まんは、血糖値の上昇はゆるやか。
消化にかかる時間が炭水化物なら2、3時間ですが、たんぱく質の場合は6時間程度かかり、腹持ちもいいです」と健康検定協会理事長で管理栄養士の望月理恵子さんは言っています。

配信 Willmake143

人生100年時代のしなやかな生き方

2019-08-18

人生100年時代のしなやかな生き方
人生100年時代のしなやかな生き方「人生100年時代のしなやかな生き方」という特集を載せていたのは、クロワッサン2019年8月25日号です。特集のはじめにはこう書いてありました。

最新の統計で女性の平均寿命が87.26歳という世界第2位の長寿国となった今、「人生100年」はさらに現実味を帯びてきました。
そうなると、子どもも手を離れ始め、仕事や自分の立ち位置もある程度見えてくる40代から50代は、まだ道半ば!
ひと昔前ならそろそろ定年、老後は?なんて考えた年代も、最近では後半戦のまだ序盤。今まで頑張ってきた自分を信じ、夢中になれること、好きなこと、やりたいことやできることを追及して、ひるまず恐れず、さらなるステップアップを目指したい。
「もう」ではなく「まだ」。若いときにはない経験と人脈、達観と大胆さが味方になってくれるはず」。新たな扉を開けた人たちの後半戦の楽しみ方を特集は紹介しています。


人生100年時代のしなやかな生き方【67歳の夏木マリさんの場合】

夏木さんがひとりで舞台をやってみようと1993年に始めた、自分の身体で表現するアートワーク「印象派」。
「印象派」シリーズを26年間続ける夏木さんはこう言っています。

「物事の考え方がシンプルになりました。あるとき汗まみれで夢中になって踊っていて、ふと鏡を見たんです。そのときの白分の素顔を見て、この顔好き!って思ったんです。
それまではメイクをしないと自信がなかったけれど、素顔も許せる。一生懸命やっていたり、打ち込んでいる姿はそれだけで美しいって思えました」
「年齢は記号にすぎないし、顔にシワが増えるのもイヤじやないんです。でもケアをするためにやることが増えちゃうのが大変よね。どうしても保湿は欠かせないから朝はシートパックして、白い顔のまんま家事やってるし(笑)」。
逃げ場を作らず、それでいて肩ひじ張らず、しなやかに生きていく。そんなたおやかな姿にこそ夏木さんの「力ッコよさ」があります。
音楽とバラを販売する収益で、途上国の母子をサポートする夏木さん夫婦の支援活動は今年で11年目を迎えたそうです。


人生100年時代のしなやかな生き方【67歳の松坂慶子さんの場合】

いまやっておかないと後悔する、やっておいたほうがいいと思ったことは優先してやる。それが松坂さんのスタンス。
きっかけになったのは30代半ばで主演し、カンヌ国際映画祭審査員グランブリと国際批評家連盟賞を受賞した映画「死の棘」での、小栗康平監督との出会いです。
監督に、『いままでと変わる時期じゃないですか? あなたがこれから歳を重ねていく上で、中身で勝負しなきゃいけない時期に来てるんじやないですか?』って初対面で言われた松坂さんにはそれが目覚めの言葉になったそうです。
若いきは儚げで“セクシーな美人女優”として世の男性を虜にしてきた松坂さんだが、いまやおおらかで包容力のある母親役がぴったり。
「作家の宇野千代先生と対談した時に、『私はいま80歳の青春です。女の人は自分が充実していると思って生きていれば人もそう見てくれる。
自分で自分を引き立てるたくましさがなければいけません』っておっしやったのね。すごく励まされました。
先生のお言葉を借りれば私はいま67歳の青春です」という松坂さんにとって私生活の大きな変化は7年前、60歳の時に、お母さんがひとり暮らしをしていた実家へ家族全員で引っ越したこと。
「夫や娘たち、ヘルパーさんの力もお借りして何とかやっています。介護は借りられる手は全部借りて、そのぶん笑顔で接することが大切だ」と実感しているそうです。

配信 Willmake143

こんにゃくパワー

2019-08-14

こんにゃくパワー
こんにゃくパワー季刊誌NHKガッテンの2019年夏号に「健康食こんにゃく新調理法」という記事が載っていました。
伝統の健康食“こんにゃく”は低カロリーで食物繊維のかたまりです。


こんにゃくパワー季刊誌NHKガッテンの2019年夏号に「健康食こんにゃく新調理法」という記事が載っていました。
伝統の健康食“こんにゃく”は低カロリーで食物繊維のかたまりです。

「こんにゃくの原料、こんにゃくいもに含まれるコンニャクマンナンは、水溶性食物繊維。これが水分を含むとドロドロになり、余分な糖や有害物質を吸着して排出するとされています。
しかし、こんにゃくに加工される過程で、コンニャクマンナンは不溶性に変化。そのため、ドロドロ効果は消えてしまいます。
ただ、この不溶性になった食物繊維は、ほとんど形を変えないまま胃や腸に達するため、体内で満腹感をもたらします。つまり食べすぎや間食防止につながるのです。
献立にとり入れれば、自然に全体の食事量がダウン!つい食べすぎてしまう人ほど、減量効果が見込めます」と記事には書いてありました。

山形県上山市にある「楢下宿 丹野こんにゃく」は山形名物「玉こんにゃく」はもちろん、さまざまなこんにゃく料理を提供しています。
中でも人気なのは「こんにゃく懐石」で、懐石料理を通じた食生活の改善という「気づき」を与えるという新たなサービスとして注目されているそうです。
記事の中で紹介されていたレシピの一つに、コールスローしらたきがありました。


こんにゃくパワー

配信 Willmake143

夏にピッタリ白ワイン

2019-08-10

夏にピッタリ白ワイン
夏にピッタリ白ワイン日経Goodayは、元気であり続けたいと考えるすべての世代に向けた健康情報サイトです。日本経済新聞社と日経BP社が運営しています。 2019年8月8日に、白ワインの健康効果についての記事が載っていました。
日本のワインの消費量を見てみると、2017年のワインの出荷数量は10年前の約1.5倍となっており、ほぼ右肩上がりで伸びていますが、白ワインは赤ワインほど派手にスポットライトが当たっていません。
「ワインの健康効果の中核的な存在がポリフェノールです。ポリフェノールはお茶やチョコレートをはじめ、さまざまな食品に含まれていますが、圧倒的に赤ワインの含有量が多く、緑茶の数倍程度含まれています。
白ワインに含まれるポリフェノールは、赤ワインの半分から数分の1程度だ」と山梨大学ワイン科学研究センターの佐藤充克客員教授は話しています。
しかし佐藤先生はこうも語っています。

「確かに白ワインのポリフェノールは、赤ワインに比べ、量は少ないけど、その性能は赤ワインに勝る部分があります。
それは白ワインに含まれるポリフェノールは、赤ワインのポリフェノールに比べて分子が小さく、そのためカラダに吸収されやすい」そうです。
「カラダに吸収されやすい」という白ワインのポリフェノールの効果を、最も効果的に得る方法はという質問に
「それは食事の最初に飲むことです。最初に白ワインを飲むと、早くからその抗酸化作用などを得ることができます。
一般に、フレンチやイタリアンでは、前菜と一緒に白ワインを飲み、赤ワインは食事の後半で飲みますよね。あれは実に理にかなった飲み方なんです」
と佐藤先生は答えています。
白ワインを先に飲むといい理由はもう1つあります。白ワインに含まれる酒石酸、リンゴ酸などをはじめとする有機酸には、強い殺菌力があることです。
殺菌力に関しては、赤ワインよりも断然優れているため、食中毒が起こりやすい夏にピッタリなのです。


夏にピッタリ白ワイン白ワインの健康効果はまだまだあります。白ワインにはカリウムを豊富に含んでいます。
カリウムには利尿効果があり、それによって新陳代謝が活発になります。
また尿と一緒にカラダのナトリウム(塩分)を排出する働きがあるため、血圧が下がる効果も期待できるそうです。
また、甲州種を使った白ワインには天然保湿成分のアミノ酸、プロリンが多量に含まれています。
「含有量はヨーロッパのブドウ品種で造った白ワインと比較すると、2〜3倍程度にもなります。
プロリンは破壊されたコラーゲンを修復する効果があり、肌に潤いをもたらしてくれます」と佐藤先生は話していました。

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c)2010 TAKESHITA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.